玩具の家とトラック

引越しを格安で行なうヒント|新境地を破格で開拓

超近距離の転居

男性

転居先が近い場合

数百メートルしか離れていない同じ町内での引越し、またはマンションの別の階に引っ越すなど距離が近い場合ですが、料金は近ければ近いほど格安になります。それでも業者間によって料金が違いますので、いくら至近距離とはいってもしっかりと複数の業者から見積もりをもらうことで料金を比較ができ、格安な引越し業者を見つけることができます。比較をすると、近距離にあるにもかかわらず数千円から1万円ほど料金が違ってきますので、面倒だから1社からしか見積もりをもらわないのは損をしていることになります。1社だけでは相場が分かりませんので、もはや引越しは3社以上から見積もりをもらうことが当たり前となってきています。転居は引っ越しだけでなく他にもいろいろとお金がかかるので、節約できるところは節約をします。

自分で運ぶ注意点

いくら転居先まで近い距離だからといっても自分で運ぶ場合、レンタカーを借りて引越しをすることができます。それでもレンタカー代はかかりますが、引越し業者に任せるよりは格安で済ませることができます。しかし、その分自分で運ばなければならないので労力を使います。注意しなければならないのは、いくら距離が近いから自分で運べますといっても家具や家電など大型のものを知人に手伝ってもらったとしても所詮素人です。安全にスピーディーに運ぶことは難しいです。もし新居のマンションで運んでいる最中に荷物を壁にぶつけ傷を付けてしまったら弁償となります。保険に加入してませんので全額自己負担となります。格安で引っ越せますが、そのようなリスクもあるので大型の家具は業者に任せて小物など自分で運べるものは、運ぶようにすることです。

業者を選ぶテクニック

ダンボール

料金を重視して引越し業者を探したいときには、比較サイトを利用したり、ウェブ割引を活用するのがポイントです。家財を丁寧に運んでくれる業者やオプションが充実している業者の評価が高く、家電製品の設置サービスも人気のメニューです。

Read More..

業者の選び方

トラックとダンボール

長距離の引越しをする際は、余計なコストがかからない大手の引越し業者を利用することをおすすめします。引越し費用の負担を少しでも軽減したいのであれば、クレジットカード払いに対応した業者を選んでみましょう。

Read More..

上手に利用しましょう

レディ

昨今、引越し業者は様々なサービスを提供しています。荷物の少ない単身者向けのサービスや、忙しい人向けの梱包サービスなどです。引越し業者を選ぶ際には、数社から見積もりを取ることが大切です。最近ではネットで一括して見積もりを取れるサービスもあるので、上手に活用しましょう。

Read More..